1つの嘘を真実に変えるには、30の嘘を重ねなければならない
聞いた話なんで適当に流してください。

ある人が、Blogに業者寄生疑惑のSSを貼りつけられたということで弁解してきたそうです。
「私は寄生などしていない、ただBOTが狩ってるモンスターに種植えをしていただけです」と。

でも、その人はBOTPTが狩ったモンスターが落としたアデナを拾っていたそうです。
BOTPTに入ってないのなら、ルート権の関係ですぐにはアデナを拾えないはずです。

BOTPTに入ってるのに、なぜ寄生してないと言い張れるのかがよくわかりませんが…。
で、タイトルの通り、嘘を真実に変えるにはそれを繕うためにさらに嘘をつかねばならなくなる訳です。

種植えをしていたとして、どの種を何個植えて、精算で何をもらったのかまで問い詰められた時はどう答えるのか。
目撃時にPT勧誘したら既にPTに入っていたと言われたらどう答えるのか。
雑談PTに入っていた等言い訳も出来るでしょうが、PTメンバーの洗い出しを促されたらどうするのか。

そこまで追求されると、大概の人はしどろもどろになるんじゃないかな?
追い込まれて苦しい言い訳するより、素直に認めて謝罪するような人なら、まだ好感もてますけどね。

でも、私もBOT寄生でシンイーター育てたいなと思ったことはありますね(マテ)。
まぁ、業者にはかなり嫌われてると思うので無理でしょうけど。

良い言い訳を思いつきました。
E村からインプを連れてきて、普通にBOT寄生。
もし人に見られたら、「シンイーター育ててたんですよ!」
これだね…。

俺だったら、寄生見え見えでも見逃しちゃう(マテ)。
[PR]
by l2-jmn2 | 2006-07-15 18:58
<< 納豆戦争勃発の巻 早速また >>

血盟サイトへ


ドビアンヌ@リネージュIIの  血盟『JapanMakesNatto』  盟主の地味な活動日報。
Twitter
検索
以前の記事
記事ランキング
無断リンク
その他のジャンル
画像一覧


Lineage (R) II and Lineage (R) II the Chaotic Chronicle are registered trademarks of NCsoft Corporation. 2002-2005 (c) Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage II the Chaotic Chronicle in Japan. All Rights Reserved.
Mail:l2-jmn2★excite.co.jp
(SPAM対策/★=@)

リネージュII
BESTブログランキング
リネ2・ブログ